お金

【注意喚起】11日から交通取締りが始まりますよ~

まいど、トシです。

みなさんはボーナスを貰いましたか?ここ最近、株価が意味もなく上昇しているようですね。

私は、コロナ禍でもあり、あまり外出しないので、梅雨のようにウツウツしている次第です。

さて、たまたまスーパーに行くと、「夏の交通安全県民運動」「7月11日~20日」とのポスターが掲示されていたので、私は何気なく「あぁ、もうこんな時期なのか…」と通り過ぎましたが、みなさんは「交通安全運動=交通取締り」であることをご存じでしょうか?

意外と知らない人が多いと思いますので、「交通取締り」について深堀りしたいと思います。

「夏の交通安全運動」とは

まず、夏の交通安全運動については「県単位」でやっていますが、ググってみると、全国的にやっているようですね。歴史的な背景は省きますが、ようは、ドライバーが「夏休みでウキウキする」→「車のスピードが出る」→「事故ると大けがや死んでしまう」との安易な方程式のもと、取締られているに過ぎないのです。

また、その方程式は、もう数十年の伝統行事となって、お巡りさんの脳裏に深く刷り込まれています。

ですから、元警察官の私にとってみれば、「夏の交通安全運動が終われば、ゆっくりと夏休みが取れる」と汗をかきながら取締りをしていた記憶しかありません。

「交通安全運動=交通取締り」の真の恐ろしさ

また、私は警察官でありながら、市役所にも出向していた経歴を持ち、市主催の「安全運動キャンペーン」も企画していました。駅やスーパーに出向き、買い物の主婦に対し、「交通安全をお願いしまーす」とティッシュとチラシを配る役です。

もちろん、交通課のお巡りさんもニコニコしながら、一緒になって配っていますが、それは「仮の姿…」

…そうです!もうすでに通勤ラッシュの朝にスピード取締りをやって、件数を稼いで「ホクホク」なのです。

ここで一つ注意をしておきますが、警察では、表向き「取締りの『ノルマ』はない」と言っています。しかし、実態は「あります!」とあえて言います。「ノルマ」を「努力目標」と言ってごまかし、せっせとノルマ達成に向けて朝から晩までやっています!

幹部の中に、交通畑や警備畑出身の人がいると、なお更、お巡りさんのシリにムチを叩いて、やっているのです。そして署長などの幹部は、お巡りさん個人の棒グラフを眺めながらほくそ笑み、他の警察署をライバル視しながら、さらに現場のお巡りさんにノルマを課すのです。。。

ですから当然、必至となったお巡りさんはガムシャラに切符を切ってきます。中には「1日5件切った。10件切った」と自慢するお巡りさんもいるいる位です。

そうして天狗になったお巡りさんに対しては、「〇〇賞」「勤評アップ」といった餌をご褒美としてプレゼントされるのでした。

「交通取締り」に遭わないためには…

当たり前のことですが、「車に乗らない」ことです。

もちろんタクシーや配達業者の方々など職業運転手の方もいると思います。ですから少なくとも「11~20日」の10日間は、大人しくしておいた方が無難でしょう(我慢です)。

それでも、運転をしなければならない方は、とにかく「スピードを落とす」ことです。「夏の交通安全運動」のテーマの一つは「スピードの出しすぎ」です。警察は、レーダー取締りの設定を下げて、取締りをしていたりします。「いつもはパスしていたのに…」と思ってても、期間中はそうはいきません!

もう一つは、取締りポイント、つまり「ドル箱」ルートを避けることです。

みなさんは「1分でも、2分でも、早く目的地に着きたい」との気持ちですが、お巡りさんにとって、全く関係のない話です。目が血走っているお巡りさんにとって「違反者」は大事な「お客さん」であり、ニコニコ近づきながら「運転手さん、びっくりしたわ。そんなスピード出してどうしたの?」などと心配しているふりをして、平気で切符を切ってきます。

私が取締りをしていたころは、「切符処理に5分をかけない」といった暗黙のルールがあり、「3分で切符処理した」ヤツは、自慢げにアピールしていたのを記憶しています。このやり口は、違反者に対して切符処理の内容を説明しながら、手も動かすといった高度なテクニック(慣れ)が必要なため、ある種、「キーボードの早打ち」や「百人一首」に似たテクニックです。

そうして、煙に巻かれて、ご愁傷様となった違反ドライバーは、複数のお巡りさんに囲まれながら、有無を言わさず、切符をと納付書の2枚を渡されるのです。

取締りにあった場合(お金を払いたくない!

では、ここで一つの「テクニック」を伝授したいと思います。これは「どうしても、お金(反則金)を払いたくない人」限定です。点数については除きます。

結論から言うと、「お金を払いません」と意思表示をハッキリさせることです。つまり「私はスピード違反していない」「否認します」と言って、交通事件として処理してもらい、裁判で争う姿勢を示すことです。

ここで注意点が一つあり、「逮捕されるリスクを伴う」ことです。多くのケースでは、お巡りさんは、取締り1件にあまり時間をかけたくないので、「逮捕は避ける」のがセオリーですが、一部の熱血お巡りさんは「現行犯逮捕します」といって平気でやる人もいると聞きます。(私は面倒くさがりなので、やりませんでした)

ですので、これは劇薬とも言うべき「テクニック」で、お金(反則金)は払わないで済むかもしれませんが、お互いの「時間と労力」を費やす可能性が高いことに間違いありません。(この手続きについての詳細については後日アップしたいと思います!)

「違反していません」と言うべきかは、相手のお巡りさんを見ながら、言うべきでしょうね。⇐これを警察用語で「敵の出方論」といい、このキーワードをお巡りさんに言うと顔色が変わります!

ですので、みなさんが貰ったボーナスで出した方が良さそうですね。。。

 

 

 

 

ABOUT ME
xxdan7
46歳独身男性...バツイチです。自由気ままな生活を送っている元公務員(警察官)です。現在、株式投資、ブログで私の経験談などを定期的にアップしています。過去、職場での裏話や私の人生設計などなど参考にしてみて下さい。