時事・ニュース

【富川アナ】警察・児相が緊急出動⇐裏側を詳しく解説「緊急ではない!偏向報道もいいところ」

まいど、トシです。

最近、ベッド付近でなんでも済ませてしまうことができてしまい、「プチ引きこもり」状態が続いています。

たまに地上波テレビをつけても、面白くないので、ネットサーフィンしていると、ネットニュースにこんな動画が落ちていました。

参考:https://bunshun.jp/articles/-/37768

で、タイトルも含め、元警察官(モトケー)としての率直な意見は、

「これって、よくある出動だよなぁ」

「むしろ、近所の監視、つまりスマホで録音すること自体が、サツバツとしている」

と違和感を感じた次第です。

その理由について一つずつヒモ解いていきたいと思います。

発生は「5月3日(日)午前1時」

まず、富川一家は、富川アナ(43)と妻、中学生・小学生の男児の4人暮らし。

近所住民が110番通報したと思われます。

内容は、女性(富川の妻)が、「お前は脳みそが腐ってんだよ」「早く寝ろ!」「バカ」などとの大声。

110番後、警察から児童相談所(児相)へ連絡。

PM現着後、児相職員も到着したと思われます。

到着した児相職員は時期的に「防護服」を着ていたとの報道内容です。しかし、コロナ禍真っ只中においては、警察ももちろんですが、児相職員も「当たり前」の行為であり、特筆すべきではありません。少し大げさに書いていますね。

その後の記事で、「『児童虐待の疑いがある』と通報が入っています」と書いていますが、あくまで「疑い」ですから…。

例えば、警察が”迷惑駐車”で現場臨場するのは、名目上「盗まれた車かもしれない」といった「疑い」で現場臨場しているので、ですから、警察官が”富川宅を訪問する理由”が欲しいだけです。

そして、警察官と児相職員の聴取が、「妻30分→長男10分→妻10分」で1時間ほど…で終了。

これは聴取時間として少なすぎ!です。

テンプレ現場臨場であった!←通報魔がいるかも

1ミリでも「疑い」があれば(確認できれば)、警察は”暴行”などで、「警察署へ任意同行する」のが定石です。ということは、全くと言っていいほど、「疑いがなかった」との裏付けでしょう!

そこで記事は、さかのぼって「4月24日(金)13時」にも通報があったと書いています。

近所に”通報魔”がいるようですね。つまり「出前の近隣住民」がくせ者!なのです(あえて懐かしの「オバタリアン」と表現します)。

オバタリアンは、マスコミが近づいてきたらサービス精神旺盛で「あることないこと盛って」しゃべっちゃいます。

また、記者も取材の前振りで、「誘導尋問」ならぬ、「誘導取材」に走る!といった行動に出ますし、よく見る光景です(経験談)。

取材に答えるオバタリアンは「コロナ禍でDV被害が増えていると報道を目にします」と言いますが、これはオバタリアン自身の見聞きではなく、あくまで報道ベース。「報道を真に受けて、自分で考えない」ジャパニーズ独特な価値観ですね。

さらに列記すると、

「毎度、心配にもなりますし、正直とても怖い」→「オバタリアンと富川家の子供とは無関係」→「心配する意味や根拠がない」「富川家は近所に対し危害を加える理由が全くない」

「戦々恐々と過ごしている」→「誤用」「記事であおりすぎ」

「複数の近隣住民の証言」→「1軒訪問して夫婦から聴取すれば、『複数』になる」

「内閣府は4月20日、緊急相談窓口『DV相談+』を開設した」→「警察庁の対策ではない!」「記事は勝手な憶測、推理で進めている」

といった記事の流れとなっています。

日本国内「袋叩き」システム発動か⁉

日本人は、「吉本社長への”闇営業問題”記者会見」でもあったように「憧れ」が「憎悪」に変わりやすく、とかく”低位の大衆迎合に陥りやすい国家”だと、私は思います。

まぁ、ひらたく言えば「島国根性」丸出しなんでしょうね。

恥ずかしながら、私も”6年間”英語を勉強していても一言もしゃべれない「劣等感満載な人間」なのです。

嫉妬した「負のエネルギー」がさらに、日本を「下へ下へ」と追いやるのだと思います。

そうしたレッテル貼りの時代は、戦後間もないころからずっとです。わかりやすく言うと、「左翼」がその代表格です。

みなさんは、あまりご存じないかもしれませんが、左翼は、自分の意にそぐわない人間を「総括(ソウカツ)」と言って、仲間を殺してきた歴史があります。

左翼連中は、「左翼とざっくりしすぎだ」と批判するかもしれませんが、私の経験則上、「中核」だろうが「革マル(Z)」だろうが、あまり大差はなく、それを視察している警察の公安(ハム)も、同類の思考回路となっていました。

話は戻りますが、歴史観を引きずっているマスコミは、特にマッチポンプ的な自作自演的な報道をしたがります。

ですから、みなさんもマスコミなどの報道を鵜呑みにするのではなく、”疑念”を抱く力、つまり「ダウト力」を持つべきだと私は思います。

なお、警察ではそうした感覚を「違和感」と言っていました。

追伸:

みなさんも、「国家観」「人生観」など、あらゆる”価値観”を壊してみたらどうですか?

本当の”リストラ(リストラクチャー)”、つまり「再構築」が、そこから始まるのだと思います。。。

ABOUT ME
xxdan7
46歳独身男性...バツイチです。自由気ままな生活を送っている元公務員(警察官)です。現在、株式投資、ブログで私の経験談などを定期的にアップしています。過去、職場での裏話や私の人生設計などなど参考にしてみて下さい。